景品選びのコツ

会社の新年会や忘年会で、ビンゴなどのゲームが行われることはよくあります。ゲームの盛り上がりを決めると言っても過言ではないのが、景品です。人気のないものを景品として選ぶと、ゲーム自体が盛り上がらず、新年会や忘年会も失敗してしまうことがあるので注意が必要です。景品は、基本的には幹事が選ぶことになります。具体的な景品選びについては、ほかのページで解説します。

景品にどんなものを選ぶかは大切ですが、その際に注意すべきことがあります。生ものや重すぎるもの、かさばるもの、われもの、酒類などは一般的に景品には適さないと言われています。かさばるものや重いものは持ち帰るのが大変なので避けるべきですが、パネルなどを用意して後日送るようにすれば問題ありません。

参加者の年齢層に合わせて景品を選ぶことも大切なポイントです。年齢層によって、欲しいものや生活に必要になるものがちがうのは当然のことです。あらかじめどの年齢層が中心なのかを確認して、それに合わせた景品を選ぶことが大切です。同様に男女比も確認しておくと安心です。男性向けや女性向け、それぞれに人気のある景品を選ぶようにするといいでしょう。さまざまな年代や男女がまんべんなく参加する新年会や忘年会の場合は、世代や性別に関係なく人気のある定番の景品を考える必要があります。ほかにも流行しているものなどは会場が盛り上がりやすいので、景品のなかに盛り込んでおくといいかもしれません。