盛り上がる景品

忘年会や新年会で盛り上がるには景品選びが重要となりますが、選ぶときには目玉となるものを用意しておくのがポイントです。目玉となる景品がひとつでもあれば、ゲームや余興も盛り上がるはずです。どんなものを選ぶかはかけられる予算にもよりますが、高級ブランド牛やカニ、伊勢エビなどの高級食材は世代や性別を問わず、好まれます。

参加者の年齢層が比較的若いのなら、テーマパークのペアチケットなどが喜ばれます。商品券やデパートのギフト券、旅行券、お米券などはややインパクトには欠けますが、多くの人に好まれます。電動歯ブラシやタブレットなども、人気の高い景品です。

かさばるものや生ものなどを景品として用意する場合は、目録やパネルを用意しておきます。別の日に自宅まで送るように手配しておけば、景品選びの幅が広がります。場が盛り上がるように、目録やパネルはやや大きめにつくっておくといいでしょう。

☆PICK UP☆二次会景品は景品ショップマイルーム|二次会景品の事ならお任せ下さい
特大パネル付き景品を販売しています。

注意しなければいけないのが、ゲームが終わったあとに参加者同士で当たったものを交換しているという場合です。景品の配送手配を幹事が行うのなら、それを知らないと間違った人に送付してしまうことになります。そういったことがないか十分に確認しておくことが大切です。

 

低価格帯の景品

 

景品選びをするときには目玉となるものを用意しておくことが大切ですが、それだけでは当たらなかった人ががっかりしてしまうかもしれません。それに加えて、高額商品ばかり選ぶと、予算がつきてしまうこともあります。そのため、低価格の景品も一緒に準備しておく必要があります。

受け狙いの景品は会場の盛り上がりに一役買いますが、そればかりでは人によっては楽しめないこともあるでしょう。どういった人が参加するのかを考慮しつつ、景品のバランスを決めることが大切です。

性別や年齢を問わず、比較的喜ばれやすいのがお菓子や食品のセットです。甘いものをあまり食べない男性でも、家族のために持ち帰ることができます。安めのお菓子であればたくさん用意できるので、よりたくさんの人にプレゼントすることもできるでしょう。

自分では買わないけれどもらうとうれしいというのも、景品選びで重要なポイントとなります。アイデア文具やアロマグッズ、ブランドタオル、石けんなどはよく選ばれる景品です。宇宙食やいろいろなインスタントラーメンの詰め合わせなどもユニークで人気があります。多くの人に喜んでもらえるように、いろいろな景品を用意しておくといいでしょう。

 

景品選びのコツ

会社の新年会や忘年会で、ビンゴなどのゲームが行われることはよくあります。ゲームの盛り上がりを決めると言っても過言ではないのが、景品です。人気のないものを景品として選ぶと、ゲーム自体が盛り上がらず、新年会や忘年会も失敗してしまうことがあるので注意が必要です。景品は、基本的には幹事が選ぶことになります。具体的な景品選びについては、ほかのページで解説します。

景品にどんなものを選ぶかは大切ですが、その際に注意すべきことがあります。生ものや重すぎるもの、かさばるもの、われもの、酒類などは一般的に景品には適さないと言われています。かさばるものや重いものは持ち帰るのが大変なので避けるべきですが、パネルなどを用意して後日送るようにすれば問題ありません。

参加者の年齢層に合わせて景品を選ぶことも大切なポイントです。年齢層によって、欲しいものや生活に必要になるものがちがうのは当然のことです。あらかじめどの年齢層が中心なのかを確認して、それに合わせた景品を選ぶことが大切です。同様に男女比も確認しておくと安心です。男性向けや女性向け、それぞれに人気のある景品を選ぶようにするといいでしょう。さまざまな年代や男女がまんべんなく参加する新年会や忘年会の場合は、世代や性別に関係なく人気のある定番の景品を考える必要があります。ほかにも流行しているものなどは会場が盛り上がりやすいので、景品のなかに盛り込んでおくといいかもしれません。